2017年改訂 QCACのコンサルティング契約

QCAC上海の従来のサービスに加え、日本企業の皆様の日々のお悩み、ご相談にお答えすべく顧問契約メニューを追加しました。

QCACコンサルティングジャパンの顧問契約

顧問契約を、税理士や弁護士と結んでいる企業は多いと思います。 なぜ、税理士や弁護士と顧問契約を結ぶニーズがあるのでしょうか それは、「契約書の不備を指摘してほしい」とか、「こんな案件があるのだけど法的なアドバイスしてほしい」など、日々起こる様々な問題に対して、いつでも、気軽に相談できるからです。 法的な問題、税務上の悩みなどは専門家に訊かなければ、結論がでないものです。そして、顧問契約でそうした悩み相談を、いつでも電話で、メールで問い合せできることが企業活動や経営判断のスピードを向上させることにつながるのです。

そんな顧問契約ですが、QCACコンサルティングジャパンは、顧問契約をして頂いた企業様に何が提供できるのでしょうか?

日本の法律や税務以上に、中国の法律、地方政府や中央政府関係機関との折衝、貿易にまつわる様々な政策など、中国ビジネスはよく分からないことばかりだと思われていませんか?

「自社の商品を中国に輸出したいが申請や許可は必要なのか?」

「中国から取引の申し出があったけど、こんな条件で大丈夫だろうか?」

「中国の取引先からの入金がない …… どうやって回収しよう?」

こんな疑問や悩みを抱いて、誰かに訊ねても、中国では訊く相手によって回答が変わるなどということは日常茶飯事です。 やはり、日本でも中国でも正確な情報は弁護士をはじめとする士業から得なければなりません。

私たちは、中国ビジネスに携わっている企業、これから中国ビジネスを検討しようとしている企業を包括的にサポートするために、中国の弁護士事務所と連携して体制を整えています。

『 何でも、どんなことでも、ご相談ください …… 』

私たちは、電話やメールによるご相談を無制限にお受けするとともに、中国語の 契約書や書類も無料(上限あり)でチェック致します。その上、通常有料サービスが15-30%のディスカウントでご利用頂けます。 是非この機会に、不透明な中国ビジネスを透明化する弊社の顧問契約サービスをご検討ください。

Follow me!