知的財産権保護

版権保護対策

違法配信

歌やアニメ、ドラマなど、音楽や映像作品そしてゲームなど、全てのコンテンツが中国の法律が不完全だったことや、海外権利者の中国市場での対策が不十分であったことが相まって、中国市場は一時的に「海賊版」に占められた時代がありました。

インターネットにより情報の伝達が飛躍的に向上した今、従来の媒体を使わずとも情報の共有ができるようになり、また、スマートフォンの普及と共に、人々は携帯電話だけでアニメやゲームを楽しむことができるようになった。

中国音数協游戲工委の統計によると、2014年に中国でモバイルゲームを利用した人口は5億人を超え、その市場規模は200億人民元超となった。更に同機関が2015年の市場規模が約350億人民元となる推測をしている。

拡大する一方の市場に対して、その権利侵害を見逃していくことはできません。悪質な侵害業者に対し、確実に対策を行うためには刑事事件として立件し、取り締まっていく必要があります。

無断使用

中国会社が開発したゲームは「ドラゴンボール」や「進撃の巨人」等日本のアニメキャラクターを盗用すれば、利益率が7倍もあがるという。独自にゲームを開発する技術がある中国の会社はゲームの注目度を上げるために、日本のアニメキャラクターの盗用は著作権侵害であり決して許される行為ではありません。

モバイルゲームの著作権侵害を担当機関に確実に著作権侵害だと認定してもらうには、「そのまま盗用したアニメーションのシーンや、キャラクターのデザイン」と原作アニメーションでの同じ物が一緒に並べられるような証拠と、刑事事件として立件するための確固たる証拠が必要です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ