知的財産権保護

専利関連

専利関連の代理出願に関するサービス一覧

  • 出願したい特許の新規性、進歩性の分析、取得している特許の有効性に関する分析、特許侵害可否についての法律的な見解提供
  • 特許紛争や侵害案件に関わる相談、証拠収集調査代理
  • 国内外の出願人による特許、実用新案、意匠の出願から登録までの代理
    (取り扱い分野:化学工業、医薬、生物、高分子、電力・電気工学、電子、通信、計算機等)
  • 技術譲渡・実施許可等の状況調査、交渉仲介、法律文書の起案、法律手続き代理
  • 審判請求、無効審判請求代理
  • 税関登録、水際保護代理
  • 審判により特許権を無効とする決定が出された人民法院への訴訟代理
  • その他特許に関する事務代理
  • 名義変更、年金納付、出願権・特許権譲渡、使用許可及び公告代理
  • 特許権保護に関する相談
  • 特許紛争や侵害案件の申立及び訴訟代理

専利関連 1)特許出願の流れ

①事前調査
申請しようとする発明が先に登録されていないか調査します。
②出願・受理通知
願書、明細書、図面、請求範囲などの出願書類を作成し提出します。
③補正・審査
知識産権局は出願書類に方式的な不備がある場合に補正書類を作成し提出します。
④出願公開・実体審査
出願内容は出願日から18ヶ月に公開。出願日から3年以内に審査請求を行い実体審査が行われます。
⑤拒絶された場合
特許用件が満たされていれば特許審査が出されます。この通知から2ヶ月以内に登録手続きを行います。

専利関連 2)実用新案出願の流れ

①出願
願書、明細書、図面などの出願書類を作成し提出します。
②方式審査
新規性・進歩性の有無を確認するための実体審査は行われないため、出願公開や審査請求制度はありません。
③登録・公告
方式審査の結果、却下する理由が存在しない場合、実用新案権が付与され公開されます。
④評価報告書
実用新案権の付与決定公告後、実用新案権者及び利害関係者は侵害訴訟時の証拠となる評価報告書の作成を知識産権局に請求することができます。

専利関連 2)意匠出願の流れ

①出願
願書、図面、写真、説明書等の出願書類を作成し提出します。
②方式審査
新規性、先行する他人の権利と抵触生むを確認するための実体審査は行われないため、出願公開や審査請求制度はありません。
③登録・公告
方式審査の結果、却下する理由が師恩材しない場合、意匠権が付与され公告されます。
④評価報告書
意匠権の付与決定公告後、意匠権者及び利害関係者は侵害訴訟時の証拠となる評価報告書の作成を知識産権局に請求することができます。

お問い合わせ